漫画

今日の一冊:「ストロベリー・フィールズをもう一度 1」( 木野咲 カズラ 著)

ストロベリー・フィールズをもう一度(1)

木野咲カズラ@コミックス①巻10/27(@nuko_kuru)さん | Twitter
「恋愛は二次元に限る」
「私は3次元の恋愛なんて一生しない」

そんな乙女ゲーム好きな晶の前に
突然現れた転校生・純愛(ぴゅあ)。

彼女は晶に大真面目に「わたくし あなたの未来の『恋人』ですわ!」
と告げるのだった――。
凸凹コンビによる“友達以上恋人未満”な甘酸っぱい青春グラフィティ(!?)開幕♪
いや~この心にしみる百合、イイよ! 実にイイ!!

人付き合いが苦手で教室で孤立している晶を慕ってくる転校生の純愛(ぴゅあ)。最初はストーカーだと疑って嫌っていた晶が、だんだん心を開いて、打ち解けていく様が心地よい。ハートフルな百合もの。

トゲトゲした主人公は普通、作風を暗くするものだけど、本作は違う。
純愛(ぴゅあ)の底抜けの明るさとドジっ子ぶりが明るい雰囲気を照らしてくれる。
SnapCrab_NoName_2017-10-26_18-59-39_No-00
こういうギャグ顔も好み。
ぴゅあの悪意がないおせっかいが何度も空回るけど、晶がぴゅあを徐々に許容していくにつれて態度も変わってくる。
この一巻だけでも、晶とぴゅあの関係性の変化が楽しめる。
SnapCrab_NoName_2017-10-26_19-9-6_No-00
さらにチュッチュもしまっせー! 電撃レーベルで百合旋風、来てるねー!

前作の『星屑ネバーランドガーデン』も良かったけど、『ストロベリー・フィールズをもう一度』ははるかに読みやすい。
キャラを二人+弟に絞っていること、見開きのどこかにギャグを盛り込んでいること、テンポの良さ。
何もかもが成長しています(なんで上から目線)

今日の二冊:「うちの姉ちゃんときたら! 1」(みどりわたる 著)、「姫じゃなければ殴ってる 2」(長岡太一 著)の感想

うちの姉ちゃんときたら!(1)

みどりわたる(@midoriwataru)さん | Twitter

うちの姉ちゃんときたら! | 日本最大級の無料Webコミック[COMICメテオ]。Webで第一話を読んだ時に「あ、これ面白いわ」と直感でビビッときた本作、単行本化されました。
SnapCrab_NoName_2017-10-25_19-43-43_No-00

三人の男子が主人公で、それぞれに姉がいる。横暴な美人姉ちゃん、妹みたいな子供っぽい姉ちゃん、過保護で弟離れしないお姉ちゃん。主要6人による姉コメディ!

「お前の姉ちゃんエロいよな」って言われても、実の弟にしてみれば気持ち悪いだけ。ラッキースケベが本人には嫌なだけっていう、そんな血縁あるあるネタがこのマンガの真髄です。
SnapCrab_NoName_2017-10-25_19-44-7_No-00
それぞれの弟が、お互いの姉を羨ましいと思う。うちも美人の姉ちゃんがいい、こんな妹が欲しかった(※姉ですけど)、横暴じゃない姉ちゃん最高じゃんって、それぞれの姉を羨ましがる弟たち。
どこまでいっても「他人の芝生は青い」を地で行く展開が大笑いできる。

姫じゃなければ殴ってる(2)

長岡太一(@NAGAOKA0)さん | Twitter

姫じゃなければ殴ってる | 日本最大級の無料Webコミック[COMICメテオ]
一言で言うと、クズなくせにメンタル激弱な姫が旅をする話。
なんで2巻で終わるんじゃー!!めちゃくちゃ面白くて大好きだったのに!!


SnapCrab_NoName_2017-10-25_19-53-10_No-00
平気で仲間を売ろうとしたり、あくまでも自分本意なワガママ姫がおりなすトラブルの数々に、付き人たちがてんやわんや。
このマンガ、コントのノリで書かれているので、1ページに二回はオチがあるんですね。
だから飽きさせずに、ぐいぐい惹きつけてくれる。
2巻はパネルクイズとかやってますけど、もうこれバラエティ番組の文法で作ってるでしょ!w
お気に入りは魔法使いのナナミ。とかく貧乳をネタにされて、今回箱の中身を当てるゲームでまさぐられまくるシーンには腹抱えた。

雷の姫、火の姫、水の姫など立ちまくっているキャラも登場してこれからって時に終わってしまうのが惜しい、もっと続けてほしかった。
SnapCrab_NoName_2017-10-25_20-7-53_No-00
1巻よりも2巻の方が、疾走感がずば抜けていて魅力あるのも事実。ただいま公式サイトでは1巻がまるまる無料なので、1巻分はWebでもいいから2巻までぜひ読んでほしいかな。

今日の一冊:「妖怪ごはん ~神饌の料理人~(1)」 十凪高志 (著)  感想

妖怪ごはん ~神饌の料理人~(1)

十凪高志@単行本第一巻発売中(@tonagitakasi)さん | Twitter

豊穣の神・大口真神に使える包丁人の猟平が妖怪を料理して、神饌として真神に供するという一風変わった料理漫画。

第一話で河童を調理するんですが、皿を割ると血がめぐって味が落ちるから衝撃で皿を剥がし取るって調理法がユニーク。牛鬼のタン料理とか、空想の動物を料理する面白さは『ダンジョン飯』、その妖怪版といったところ。

二話の朱雀も、野生で繁殖して山火事が発生するので、害獣扱いで駆除される対象になっているって設定。想像力豊かな作家さんだなあと。
にしても朱雀のケツに缶ビール挿して、肉を内側からジューシーに仕上げる調理には笑った。旨そうなのが悔しいw
12

今日の一冊:「だがしかし 8」(コトヤマ 著)感想

だがしかし(8)

コトヤマ(@cot_510)さん | Twitter

7巻がまるまる一冊、ほたるさんが出てこないっていうサプライズに僕らは動揺したもんです。

今年、漫画感想サイトの管理人たちと飲んだ時、「ほたるさんがいないのは寂しい」ってみんな口々につぶやいてたんですよね。
30~40オーバーのオッサンたちが集まって何たわ言のたまってるんだって話ですけど。
でもワタシ、個人的にはハジメさんのリクルートスーツにエロさを感じておりまして、これはこれでアリだな、と頷いてました(しかもココノツと、ちょっとエッチな会話までしてる!)

つまり何がいいたいかというと、この8巻、
ほたるさん帰還!&ハジメさんレギュラー!
一挙両得ですなっ!

しかも今回、ほたるさんと一緒にお風呂入ったりしてますからね。ホントにもうこの子は狙ってるの? 無知シチュなの? と気が気じゃない。

54
あ、駄菓子の話してなかった。8巻、ポテトフライの件で公式に否定された重ね食いをネタに持ってくる強かさにワロタ。
サヤ師や豆も交えて、5人で鍋をつつき合うのとか、幸せ空間で楽しかったッス。

今日の二冊:「汚物は消毒です」1,2巻(田口ケンジ 著) 感想

汚物は消毒です(1)
汚物は消毒です(2)

「田口ケンジ」 著
たそがれ領域

姉ログ 靄子姉さんの止まらないモノローグの田口ケンジ先生が、新たな姉を引っさげて帰ってきたッ!
両親の再婚により突然姉弟となった二人の高校生。弟の司が、キレイ好きな姉・ましろに掃除のノウハウを教わる
……という建前で、中身は完全に姉萌えマンガです。本当にありがとうございます。

靄子姉さんもそうだったんですけど、エキセントリックな思考を持つ姉さんに、常識人の弟が翻弄されるというシチュエーションがたまらなくイイ!
ましろ姉さんも、掃除のこととなると変態性がチラ見えしてて、
33
女子高生がしちゃいけない顔してたり、顔芸もギャグも飽きさせない。弟も姉の残り湯をうっかり飲んじゃうのは羨ましい(ド変態) いやー姉コメディがツボに入りまくる。
「姉ログ」の連載終了はホントに残念だったけど、より洗練された姉ギャグが楽しめる「汚物は消毒です」も末永く続いてほしいね。

今日の一冊:「進撃の巨人 23」(諫山創 著)

進撃の巨人 23

諫山 創
溜まってたのでイッキ読み。相変わらず時系列がわかりづらくて読みづらいw
ライナーなんて髭生やして顔も変わってるから同一人物じゃなくて、ライナーって名前が代々受け継がれていくものまであった。
でもタブレットをフリックする手が止まらない、この圧倒的威圧感!

世界の謎が明らかにされて、伏線もどんどん回収されていってるんだけど、そこで興味が落ち着かないのは見事ですね。
ここに来てのタイトル伏線回収にはぐっと興奮しまくりです。

それにしても、アニメ版はシリアス&スタイリッシュ。
ずっとかっこよく物語は進んでいくんだけど、このマンガの根っこはギャグなんじゃないかと思えてきた。
22巻でエレンの中二病の仕草をうっかり目撃されてしまって、ハンジがいじり倒すシーンが面白すぎてね、もう。
08
あ、リヴァイ兵長も理解を示すんだ、そこ、みたいなw
ああ、このマンガ、ネタバレなしで語るのはキツイ。

今日の一冊:『ダンジョン飯 5』(九井諒子 著)の感想

ダンジョン飯 5

九井 諒子 著

ダンジョンの魔物を倒して、その肉を食べるっていう「マイト&マジック」風の架空料理漫画としての面白さが強くて、「ウィザードリィ」をオマージュしたネタ(クリーピングコインとか)にニヤニヤしながら読んでたシリーズ。
で、今回はダンジョンの主である狂乱の魔術師が登場してワードナっすね!狂ってたのトレボーの方だけど! みたいな。

5巻はマルシルのコメディリリーフが眩しいくらいに光ってました。
コカトリスをおびき寄せるのに大見得きったり、その後にオモシロポーズで石化したり、いや~大笑いしましたわ。美人のエルフなのに、もはや色気無し。
5巻になってもネタが尽きないどころか、ファリンを蘇生してからも、さらに物語が転がっていくのが大したもの(なぜか上から)。

ちょっと気になったセリフ
54
「照れは上達の最大の敵だからね」

これ、クリエイティブな活動でも同じことなんですよね。いちいち照れていたら世の中、何も学べないわけで。
こういう大事な真理をサラッと入れてくるのも、九井諒子マンガの面白いところ。
Amazonの検索窓は右柱へ移動しました→ 同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com



広告










予約中



 かーずSPのはてな
(別館です)
記事検索
管理人の連絡先
ライティング(記事執筆)のお仕事、サイトへの問い合わせは
 karzusp@gmail.com までお願いします。

かーずSPのSNS:Twitter
Amazonギフト券(チャージタイプ)を購入する
SnapCrab_NoName_2017-10-27_18-36-13_No-00

Amazonセール情報
円盤バーゲン 冬の大セール開催中
Kindle売上ランキング
Prime Reading
プライム会員なら無料で読めます。