2008年6月8日千代田区外神田の中央通りで起きた事件について|桃井はるこオフィシャルブログ「モモブロ」

まず、外神田の事件に関しまして。被害者並びにそのご家族、ご友人の皆様へ謹んでお悔やみ申し上げますとともにご冥福をお祈りいたします。

うちのサイトはいつ来ても楽しい話題で、幸せな気持ちになってほしいと思っているので、歴史的事件はともかくとして実際の事件はNGにしています。今回の事件についてもあえて触れずにいこうと思いました(リンク先の桃井さんのラジオ収録と同じ意味合いで)。でも今回は異例として、書いてしまいます。

今回の事件に関しては考えようとすると頭がぐちゃぐちゃで、言い様のない悲しい気持ちに苛まれるのでまともに気持ちを言葉に出来ない。やりきれない気持ちってこういうことをいうんですね。どんどん犯人の情報が出てくるに従って、もううんざりするようなロリコンだのなんだのとマスコミがオタクを叩いていくのが目に見えるというか、すでにそういう風潮になっている。

かつて宮崎事件の時、高校生だった僕は学校のクラスでもオタク気持ち悪いという流れになって以降、自分の趣味を同胞以外にしゃべれない辛い気持ちを10年以上も味わってきた。自分がオタクだって公言できるようになったのは30越えてからですよ。20代もずっと、好きな物を好きと言えないのは辛かったです。そんな悲しいオタク暗黒の時代がまたやってくるのかと思うと、今若いオタクの方がこれから受けるであろう差別に対して本当に気が重くなる。学生は、教室がすべてのアイデンティティの源という人が大半ですから。社会人だったら感受性も落ち着いてきて自分と世間との割り切りでもできるのでしょうけど、それでも家族や友人に変な目で見られるのは耐え難いでしょう。好きな事、自分のアイデンティティを受け入れてもらえない辛さ、あんな経験は我々ロートルヲタだけで十分でしょ。なんでこんな歴史が繰り返されるのか。

オタクだから、ロリコンだから、2次元好きだから犯罪を犯すわけではなく、それはどの集まりでも同じ確率で存在する。いや、コミケでもオタクはちゃんと整列して大人しく並ぶじゃないですか。むしろマナーや常識は高いレベルです。普通の大人でも、何時間も炎天下や寒波の行列に並ばされたらキレて暴れてもおかしくないのに。
だからマスコミの偏狭報道には惑わされずに、せめてこのサイト、この文章を読んでくださった皆さんだけでも理解をして欲しいと思います。

小学生の頃ダーティペアでヲタに目覚めたかーずですが、秋葉原に通うようになったのは高校時代から。当時はX68000というパソコンのユーザーだったので、その5インチのフロッピーディスクを買いあさったり、地元では売っていないマイナーなギャルゲをまとめ買いしたり、ジャンク屋で外付けのMOを安く見つけた時の嬉しさは、宝物を見つけたトレジャーハンター気分ですよ。うちの自宅からは電車賃がかかるので、数ヶ月に一度、バイト代を何ヶ月も貯めてから「遠征」と称してヲタ友人たちと買いに行った、思い出の街・・・ヨドバシの進出、UDX、つくばエクスプレスなど変わり続けるあの街の中でも、その時のアキバの思い出は永遠、だよ。

とONEネタでせめて前向きに締めようと思いつつ、やっぱりぐちゃぐちゃのまま書いても全然まとまってなくてすいません。明日からは通常更新です。